ストレスフリーな妊婦生活を送るために必要な妊婦服。これさえあれば困らない!

つわり、生活リズムの変化、ストレスも増える妊娠期間。
妊婦の悩みは尽きません。
臨月近くなるとお腹が大きくなり、今まで着れた服も着れなくなってきます。
着る服を買いに行くために着ていく服もない、なんてことにならないように、お腹が大きくなる前にマタニティ服を準備しましょう。

スポンサーリンク

鉄板の妊婦デニム

妊婦用のマタニティデニムは着回しもできる便利アイテム。
一本持っているだけで外出時のコーディネートの幅が広がります。
お腹の部分をすっぽりとリブで包み込むように作られたデニムは、寒さ対策にも役立ちます。
ママ友統計でもほぼ全員1本は持っていたアイテムです。
子供服と同様、産後後輩ママにゆずっても喜ばれます。
私も先輩ママからもらい、一番着ていたマタニティ服です。

スポンサーリンク

スカート派にはマタニティストッキング・タイツ

長めのスカートはウエストを上にあげて履けばお腹が大きくなっても履けます。
ですがストッキングやタイツは履けなくなります。
ウエストの一部を切れば履けないことはないですが、臨月近くなると股下近くまで切らないといけなくなり、ウエストがずるずるに…。
ストッキングは値段も安いので一つはあってもいいアイテム。
お腹が冷えると思われがちなスカートですが、スパッツや腹巻を重ねればあったかです。
ちなみに、マタニティ用のスカートはウエストゴムなら産後も履けます(ちょっと緩いですが)

授乳対応服を先取り

産後も使える授乳服もあると安心です、
完全母乳になると、新生児のときは2時間おき、3時間おきとかなり頻繁に授乳があります。
それでなくても産後の体力が落ちているときに寝不足も重なる時。
スムーズに授乳ができる服なら授乳もストレスなく楽にできます。
特に外出時は服をたくしあげての授乳はケープで目隠ししていても抵抗がある人も多いのではないでしょうか。
授乳対応の服は、胸の部分が空くようになっているのでお腹を出さずに授乳できます。
パッと見は普通の服に見えるものもあり、おしゃれも楽しめます。

おしゃれを楽しむ妊婦生活

妊婦生活は食事、運動など制限が多いのでストレスがたまりやすいです。
お腹が大きいのは今だけだし、服を買うのももったいない…。
ですが、数えてみると妊娠期間はとても長いです。
春夏、秋冬とシーズン問わず着まわせる1枚があるだけで快適な妊婦生活に一歩近づきます。
着なくなったマタニティ服は、子供服と一緒に後輩ママへおさがりをすることもできます。
お腹にいる赤ちゃんのためにも、ストレスのない妊婦生活をおくれるといいですね。

スポンサーリンク