生まれる前からできる保活。23区でも入園申込予約ができるよ

保育園激戦区23区。
早生まれの子は申込み時期が限定されてしまうため、特に保活が難しいといわれます。

ですが打つ手がないわけではありません。
あまり知られていませんが、生まれる前でも0歳入園の申し込み「予約」ができるのです。

スポンサーリンク

生まれる前から予約って?

早生まれの子は4月0歳入園の申込みをしようと思っても、生まれるのが1月~3月。

多くの自治体では年末に募集が締め切ってしまうため、間に合いません。
早くて11月、遅くても2月には募集は締め切られてしまいます。

ママ
生まれる時期によって保育園に入れないなんて…。

こういった不公平をなくすのが、保育園入園申し込み予約です。

スポンサーリンク

予約のメリット

メリットはずばり、保育園に入りやすくなります。

0歳では保育園入園申し込みの予約をしても、早生まれではない子がやはり優先されるため、保育園にすぐ入れるわけではありません。

1年後の1歳の4月入園申し込みの時、加点になる可能性があります。
1年待機児童だった、という加点です。

もちろん早生まれではない1歳の子たちも0歳の時から申し込みをしていれば加点になるので、突出して内定をもらいやすくなるわけではありません。

ですが、全く同じ点数で同じ世帯年収の近い条件の人がいたら…という状況では力を発揮します。

申込みの仕方

申し込み方法は通常の保育園申し込みと同様です。
区役所などで手続きができます。

生年月日は括弧書きするなど、まだ生まれていないことを申告する必要があります。
手続き上、名前を記入する必要があるので、名前だけはあらかじめ決めていた方がいいです。

生まれたら性別が違ったときや、生年月日が確定したときには区役所に再申請が必要です。

0歳園で、さらに早生まれを受け入れ可能な園は少ないです。
(しかも人気園で倍率が高くなる傾向があります。)

8か月から、10か月から、など、月齢制限のある園がほとんどなので、4月には子供が何か月になるのかをしっかり確認してから申込みしましょう。

対象外月齢の園に申し込みをしてしまうと、申し込み自体が無効になってしまうこともあります。

予約申し込みしたらどうなる?

区にもよりますが、点数については早生まれではない子と同様の場合が多いです。
早いもの順ではありません。

0歳入園申し込みの予約は、あくまでも、1歳入園のための布石として割り切って考えた方が落ちた時のダメージが少なく済みますが、内定をもらえる確率は0ではないので会社や家族としっかり相談した方がいいです。

早生まれ保活対策は先手必勝。点数を増やす方法と保活メリット

2016.02.03
私が実際に予約を申し込んだときは、0歳入園を目指すというよりは1歳入園対策とはっきり保育課の人に言われました。

そして落ちました。
が、1歳ではめでたく内定をもらえました。

この制度の事は足しげく区役所に通い、相談して知ったのですが、まだまだ知られていない制度です。

他にも、年度によって保育園申し込み傾向があったり、新設園情報なども聞けました。

保育園の内定がほしいけど早生まれで困っている人は、一度区役所で相談してみるといいですよ!

スポンサーリンク